英語を話せる様になるには・・・

以前から日本では英語の重要性が叫ばれてきましたが、ここ最近ではこれがただ叫ぶだけでなく、実際に結果を求められる物へと変化している様です。

speaking2-685x317

この変化は、例えば学生の就職活動の際、企業に提出する履歴書にTOEICのスコアを記載したり、あるいは採用後の社内における昇進の条件の一つにこのスコアが一定以上ある事が求められると言った所に表れています。

 

所で、この変化を受けてと言う訳ではないのですが、私も数年前より毎日コツコツと英語の勉強を続けた結果、学習開始当初はTOEICのスコアが最高でも500点前後でしかもそのスコアが安定しないと言う状況だったのが、今ではどんなに体調が悪くても700点台は確保できる様になりました。

 

しかし、英語をスムーズに話せるようになったのかと言えば、残念ながらまだまだそのレベルには達しておりません。しかし、そうなる為にはどうすれば良いのかと言うのは理解できる様になりました。そこで以下では私の英語学習の経験に触れながら、英語が話せる様になる学習方法について述べたいと思います。

私が今やっている英語学習の内容は、洋書の読書と英単語学習です。

960px-Lovers_natural_1280

これを始める前は、ネイティブの話す英語のシャドーイング学習が出来るサイトで英語の勉強をしていたのです。しかし、このサイトを利用する事により、自分の弱点、つまりボキャブラリーの弱さを実感し、上記の今やっている英語学習へと学習内容を変化させました。

そしてこの様な学習の結果、例えば映画を観に行った際、洋画の字幕版であれば短めのセリフを聞きとれ、日本語字幕と比較すると言った事が出来る様になりました。

しかし、外国人観光客に道を尋ねられた時にはブロークンな英語で説明すると言った感じで、とっさの英会話が出来ない状態です。この状況を解決するには実践しか有りません。つまり、英会話教室等を利用して実際に英会話の練習をするしかないと言う事です。

所でここで誤解してほしくないのですが、だからと言って今私が行っている洋書の読書や英単語学習が、英語を話せる様になる事に対して役に立たないと言う訳ではありません。

洋画の字幕版を見て実感したのですが、この学習を続けるだけでも基礎体力と言ったらいいのでしょうか、後は英会話をある程度実践するだけで英語が急に話せる様になる段階まで来ている気がするのです。

もちろん、気の所為かも知れません。

しかし、私は短い英会話であれば少しの支障はあってもこれをきちんとこなせる事が出来ますし、また聞き取りにくい長めの英会話であってもそこで使われている英単語の意味を知っている為、相手が何を言っているのか、そのおおよその意味掴む事が出来ています。

つまり、洋書の読書と英単語学習は英語を話せる様になる為の準備を整える効果があると言う事です。
いきなり英会話学習をしても余り効果が無かったと言う方は、一度英単語学習と洋書の読書などをある程度こなしてから再チャレンジされて見ては如何でしょうか。